So-net無料ブログ作成

三つ目がとおる 45話「メキシコ上空大バトル」46話「モア暗殺計画」の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/00923/v00037/

45話は前回に引き続きモアの話か 

この回は三つ目写楽はずっとお休みだったが
ワトさん似の美少女とかに出会ったりで退屈はしなかったかな

顔に模様のあるおっさんとか、美少女のトーチャンとか
脇役もわかりやすくていい感じだよね
後半の空中戦はけっこう作画や演出がよくて迫力あったな

メキシコなのに写楽が普通に現地人と会話してるのは、
まあ、二次元世界のご都合主義ってやつだなw バキとかもこんな感じだ!

ただ、敵は前回同様高いところを飛んでるモアを麻酔銃で撃ち落とそうとするのなw
重力ってものを考えないのか まあ、落ちても何事もなかった超生物ですが

結局カウンター食らってケツアルのだんなの飛行機が落ちてたが
飛行機の二人はどっちも普通に軽傷でワロタ 重力が仕事しない世界だなー

最後はみんなで遺跡に入って「続く」だったな
こういうのっていかにも冒険って感じでわくわくするね

46話も「つづく」で終わったな
もしかして最後までずっとこのエピソードなのか

まあ、モアちゃんは殺されてしまったわけだが
次からはモエギとボルボックの話になるのかな
なんであの子、悪い組織にいるんだw

しかし、ケツアルもモアも頑丈すぎだな
ケツアルは、墜落する飛行機から落ちる、
階段から落ちて穴の底までまっさかさま、と、落ちてばかりなのにすごく元気w

この人はケツアルカトル的な妖怪なのか・・・名前からして
モアも撃たれまくってもかなり元気だったな 最後はさすがに死んだが

モアとヘリのおいかけっこは迫力あってよかったな
三つ目写楽君は逆に見せ場あまりなかったね
中二バンクで呼ばれた赤いコンドルも便利道具に使われただけだw

一番見せ場なかったのはあのガシャポンだろうけどな
あれ、もっと早く出せよw 



三つ目がとおる 1 (GAMANGA BOOKS)

三つ目がとおる 1 (GAMANGA BOOKS)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0