So-net無料ブログ作成

絶園のテンペスト 全24話の感想・1話動画 1クールでよかっただろアニメ [アニメ作品別レビュー]

絶園のテンペスト ~THE CIVILIZATION BLASTER~ クリアファイル

あらすじ
主人公の友人の妹を殺した犯人を探そうぜ、とか
「はじまりの樹」とやらの出現で世界が大変なことに、とか
それなりにストーリーあった気がするけど、わりとどうでもよかった
魔法というインチキがある世界で推理ごっこなんてするもんだから
妹の死の真相がジェバンニが一晩でレベルでひどいことになってたし
主人公は自我も活躍の場もなさすぎでミスリードのための人形にすぎなかった
左門さんのおろおろ芸と、葉風ちゃんのラブコメ以外つまんなかったよマジで


無料1話
http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/00548/v12028/
http://gyao.yahoo.co.jp/special/zetsuen/


24話視聴 終わり方は綺麗だな 終わり方はな・・・
吉野は予想通り何一つ活躍しないまま終わっててワロタ

あと、左門さんがバッグ持って飛んでてなんかワロタ
あのバッグの中身は供物なんでしょうかね 描く必要あったの
なんか絵的にすごくまぬけだったよ!

最後にまたシェイクスピア出てきたが
最後まで話の関節外れてたアニメだったなってしみじみ思ったりw

だってさー、普通に考えたら、吉野が絶園の魔法使いとして
ラストバトルで戦うべきじゃん なんで傍観者なの
あれじゃ羽村が主人公だよな

ただ、まひろ君は最後までイケメンでよかったな 
吉野はアレなんだが、まひろの会話相手としては必要だったかなって思ったり

アニメは原作とは結末違うらしいんだが
原作だと、こうなってるらしい



http://gangan.square-enix.co.jp/new/

これだと愛花ちゃんの墓前で言った台詞がいろいろ台無しだなw
まあ、新しい恋に目覚めてもいいんだろうけどさ

話のまとめ方は予定調和というか、特に驚きはなかったが
綺麗に終わってるという意味ではよかったな
最近のアニメはひどい最終回も多いからな

ただ、話自体はわりとどうでもいいよな、これ
明らかに悪い意味で読者の予想を裏切る展開がある ひねくれてんだよな

さっきも挙げたけど、吉野を絶園の魔法使いにしなかったのが一番アレだ
妹殺しの犯人にしても吉野しか適任者はいなかった

吉野=絶園の魔法使い=犯人にすれば、綺麗につじつまは合うんだよな
吉野が自我がなさそうな、何考えてるかわからんキャラなのも含めてw

おそらくこれは連載初期で想定されてたことだろうと思う
それを強引に覆したのは、やっぱり読者の予想を裏切りたかったか、
連載を引き延ばしたかったからだろう 読者にしてみれば迷惑な話だw

妹の死因は、マジでデスノの「ジェバンニが一晩でやってくれました」だよな
未来からやってきた葉風に「お前これから死ぬよ」って言われたから自殺w

死ぬ方も頭おかしいが、死なせた方もたいがい頭おかしい
未来の話を過去の人間に話すってどんだけアホなの
ヒロイン二人を一気にアホにしないと、整合性の取れない話って何よw

絶園の魔法使いの予備として登場した羽村も別に必要ないキャラだった
吉野がバックアップだってことにすればいいだけだった

そうしなかったおかげで、2クール目から急速に吉野の存在感が希薄に
自我は18話目でようやく確認されたが、主人公としてはあまりにも遅すぎた

それまでずっと何考えてるかわからんキャラだったからな 感情移入しづらい!
当初は愛花殺しの犯人だから心理描写カットしてるのかと思ったが
不破邸に行ったときに心の声があったから、犯人じゃないことが確定した
それからは、なんでこんなもやっとしたキャラなのか意味不明だったw

吉野の活躍したところって、マジで葉風ちゃん蘇生させたところだけだよな
18話で感情吐露しても、19話以降は元に戻ってたし

あと、主人公二人以外のキャラは掘り下げが非常に浅かったので
それもかなり残念なところだったかな 2クールアニメなのにね

左門さんはおろおろ芸が面白かったんだが、過去とか一切謎だし
夏村とか早河とか無職28歳とかも背景は一切謎 

このアニメ、キャラはいいのだが、人間味を感じさせるエピソードが少ない
回想は愛花ちゃんばっかり そんなに死人のことばかり回想されてもw

愛花ちゃんの回想は雰囲気はいいんだが、それだけなんだよな
回想することでまひろや吉野の心情が変化し、それで話が動くってわけでもない
ほとんどはただ回想するだけ ただ話が停滞するだけ

このアニメは2クールながらも、そういう回想多くて話の進行遅いが
それに加えて「ミスリードのための会話」で話が停滞することも多かった

「ナントカはナントカかもしれない」会話ね キャラが仮説を延々並べる
理屈っぽいだけで全然面白くなかったんだよな、この推理ごっこの会話劇

唯一楽しかったのは「吉野の彼女会議」くらいかw
魔法がある世界で、確証のない、可能性の話ばっかりされても困るよね

妹殺しにしても樹の謎についても、いくらでも解釈できるよね 
それはファンが場外でやることであって、作中でキャラがやることじゃないよね

実際、妹殺しの真相は斜め上の超展開で、
樹の正体については、仮説の中に正解が混ざってるって感じだったが
映像作品として回りくどいだけだったよね

原作ストックあんまりないからその屁理屈合戦で尺稼ぎはやむなしなんだろうが
アニメオリジナルで脇役キャラを掘り下げる話とかはできなかったのかな
屁理屈大会よりそっちのほうがよっぽど魅力的な作品になった気がする

ただ、話に不満は多いけど、左門さんのおろおろ芸と
2クール目からの葉風ちゃんのラブコメは面白かったし
作画や演出、音楽はよかったアニメだと思う アクション作画は特によかったね

一応このアニメは、ジャンルは斜め上のセカイ系になるのかな
妹の彼氏が誰なのか、とかが、世界の命運を左右するシリアスギャグ展開w

正直、2クールじゃなくて1クールならもっと楽しめたと思う
回想と仮説羅列大会、全部カットでいいよな 前半の退屈な男二人旅も圧縮

ついでに原作改変で羽村削除、吉野=愛花殺しの犯人=絶園の魔法使い、で
1クールで勢いで押し切ってもよかったような・・・

って、それはそれで、原作ファンが怒るから無理かw
吉野が愛花殺す動機も謎だな なんせ自我がないからなー


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0