So-net無料ブログ作成
配信アニメ感想 昭和作品 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

黄金戦士ゴールドライタン 47話 48話 49話の感想・動画 [配信アニメ感想 昭和作品]



続きはこちらから
http://ch.nicovideo.jp/goldlightan


47話はアブラダ先生のラブコメ回のせいか
イバルダン登場やけに遅かったな でも登場したらバカ全開すぎワロタ

あんな初めから負けフラグが見えてる場所に来るバカじゃないよねって
最初に念を押されてたのに見事にバカが釣れたよ! しかも自分巨大化ロボw

アブラダともみじ先生のラブコメは冴えない男と出世して栄転で遠くに行く女と
関係性自体はよくあるものだったが描写がコミカルでよかったな

飛行機に走り寄るアブラダ先生・・・無茶しやがってw 列車じゃないんだから
それで追いつくのもすごいが、止めてって言うもみじ先生も

ライたんが右翼左翼巨大メカにやられてる後ろでラブコメしてるしなあw
ってか、ヒロ君達が救出に向かってからはメカ戦闘もギャグだな

マンナッカーさんの巨大メカ、鼻の穴から入るのかよw
侵入された小学生男子二人にやられる悪の女幹部ロボェ・・・

最後は、アブラダ先生ともみじ先生が元の関係に戻ってめでたしだったが
サブタイトルの「大勝利」とはなんだったのかw ビンタされて終わったよ?

48話はまた作画ええな なんというぬるぬる
話は構成が若干トリッキーだったが、インパクトあったな

ヒロ君とマンナッカーさん手錠プレイ中で始まるとか・・・
一緒に普通に敵ロボから逃げてるしな マンナッカーさんに何があったみたいなw

Aパートの回想でそのへんは全部説明されるが意外と間抜けな理由だった・・・
いや、「意外と」じゃないですね 平常運転やw

ヒロくんと手錠につながれてる間のやり取りは洋画の刑事ものみたいだったな
犯人と刑事が手錠でつながれて第三勢力から逃げるってわりとあるパターン?
それをゴールドライタンでやるとは思わなかったがw

しかしあの二人が寄った工場は一体・・・設備ハイテクすぎる
あれはイバルダンの打ち捨てた秘密基地の一つだろうか

最後はライたん駆けつけてきて、その後ろで真ん中子とヒロくんラブコメ・・・
って、似たようなシーン前回もあった気がするw そっちよりはシリアスだが

マンナッカーさんあそこでデレながらも、ライたんはマジで殺りにきてたし
ブレてるようなブレてないような微妙な状態がいいな 敵女幹部の苦悩

ただ、ラストの謎のカッコイイ演出はなんなんだw
出崎止め絵みたいな・・・今まで間抜けなことさんざんやってきたのになあ

49話は重要回のはずなんだが、久々に冒頭の三幹部漫才が復活してたな
つーか、アクドス出てくる前後のやり取りはこれなんて任侠映画w

マンナッカーさんあぐらかいて武士みたいな口調で嘆願するし
アクドスは性格が風来坊すぎてワロタ 誰がこんな人工知能にしたw

ライたんとアクドスの待ち合わせ場所は地獄谷の死の砂漠だったが
地獄谷と聞くと、温泉に入ってる猿思い出してどうもイメージがw
このアニメが放送された当時はそこまで有名じゃなかったのかな 温泉猿

ライたんとアクドスのタイマンは相変わらず作画よかったな
メカパシーの謎の不定形フォルムのアクションかっこいい

ただ、三幹部が保身に走って裏切ってからは一気に茶番にw
大王さま出てきて、「あんなの口約束に決まってるだろ」とか言うなよ!
アクドスさん今わの際だってのにひどすぎるよ!

その後はかなりあっさりイバルダ大王倒されたが
そこで謎の「ミスターX」が真のラスボスっぽく登場して続くか

なんかいろいろ野望っぽいこと語ってたけど
あと三話でこのアニメ終わるという事実w

ってか、来週終わるアニメ多いな
ガッチャマン、ヤマノススメ、Gライタン、ヤッターマンか

ウラシマンやジェネレーターガウルも終わるから、
もしかするとタツノコ劇場無料配信終わるのかな さみしいがしゃーなしだな



超合金 復刻版 スコープライタン

超合金 復刻版 スコープライタン

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ガンバの冒険 15話「鷹にさらわれたガンバ」16話「魔のカラス岳を登れ!」の感想・動画 [配信アニメ感想 昭和作品]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/00114/v12108/

15話はサブタイトルからついに猛禽とバトルするような気がしたが
全然そんなことはなかったぜ! Aパートで鷹さん退場したw

しかも昼寝してたガンバを巣に運ぶだけのお仕事だった・・・
巣にはおなかをすかせた雛達がいるかと思ったらそうでもなかった
ただ、テイクアウトしただけっていう もうちょっと鷹のお仕事がんばってw

しかし、鷹にさらわれる前の崖を登攀する描写は何気に楽しいな
ボーボちゃんが鎖?の輪をくぐるところがかなり好き

鷹にお持ち帰りされてるところもアラビアンナイトみたいなワクワク感が
ルフだっけかな あれは鳥がでかいんだよな シンドバッドの楽しい冒険

巣に拉致された後は、雷落ちてきてバトルうやむやになってしまったが
山火事が発生して、猛禽、孤立したげっ歯類とそろって
ニルスのふしぎな旅に似たような光景の話あったなとぼんやり思い出したw

Bパートからはさみしい山のガイドの男とガンバの交流が!
ちゃんと個性が用意された人間って初めて登場した気がする・・・

顔はちゃんと出崎キャラデザで描かれてたが、色はモノクロなのなw
ガンバ捕まえようとしてるところもなんか怖い
まあ、ちゃんと助けたからええか? ネズミじゃない客が早く来るといいですね

16話でついにカラス岳を攻略 山登りはここで終わりか
15話の鷹さんに比べてカラスとちゃんとバトルしてたな

まあ、カラス以外に「山の気まぐれなお天気」とも戦ってたが
あの山吹雪多すぎ! ってか、最後は吹雪やむまでじっとしとけよ!
ガンバちゃん無茶しすぎ 山をなめてるアニメがまたここにw

相変わらず敵の動物は描写が怖いのな
カラスは戦闘力はたいしたことなさそうだったが数の力を感じたw

いくら石投げて撃墜しても、かわりがどんどん出てくるんだもんなあ
最強武器「イカサマのダイス」も形なしですよ?

最後はせん滅できずに、敵が勝手にどっか行って勝利したしな
まあ、実際カラスの群れって人間でも怖いからなあ

都会じゃハトとか子猫とか襲ってるんだってさ
カラスも生きるの必死なだけなんだが、やっぱイメージ悪いよね



冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))

冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))

  • 作者: 斎藤 惇夫
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/06/16
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

科学忍者隊ガッチャマン 第104話「魔のブラックホール大作戦」の感想・動画 [配信アニメ感想 昭和作品]




これは次でいよいよ最終回か 地球消滅の危機ってまた大きく出たな

砂糖を社会から抹殺するとかキチガイ音楽流すとか野球選手拉致改造とか
好き放題やってた頃がなつかしいw まあ1年目最後も似たような流れだったが

ただ、たまにネタみたいなことやってるけど、基本的にモブ虐殺がデフォなんで
ギャラクターのせいで地球が危ないって言われても、平常運転な気もw

一応、地球消滅計画は総裁Xの正体と絡んでるのか

200万光年離れた星の消滅が観測されてやけっぱちになったのだろうが
それってつまり、200万年前にあの星は消えてるのではないのか

消える前にワープか何かで地球に来たのかしら
200万年以上も虎視眈々と地球狙ってたのか?
そりゃ、計画失敗したらキレるは もうどうにでもなれ~って気持ちになるわw

今回は久しぶりにレッドインパルスの隊員が登場して活躍して散ってたが
あいつらが先に潜入してたのなら、ジョーは何しに本部に来たのかという気もw

でも、ジョーはジョーで計器に羽を仕込んでたから意味はあるのか
今回で死ぬかと思ったのに意外と死なないなジョー むしろ動いてたw

他の科学忍者隊は安定の「しまった」だしなあ あのパターン何度目だよ!
でも、直後の手榴弾の反撃が強すぎてワロタ
カッツェ様がそれでボロボロになっててクソワロタ シリアス台無しw





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

黄金戦士ゴールドライタン  44話 45話 46話の感想・動画 [配信アニメ感想 昭和作品]



続きはこちらから
http://ch.nicovideo.jp/goldlightan


44話はいきなりヒロくん密航スタートか 未来少年コナンかよw
でもどっちが古いのかいまいちわかんなかったり こっちかな?

密航した船が転覆して流されてなぜか敵の本拠地に到着してたな
敵の本部見つけるのがラッキーって、ガッチャマンに比べて軽いな、展開w

ってか、船を転覆させる必要あったのか 残りの船員の安否が気になったな
まあ、ライたん達が助けたと脳内補完して忘れておいた
ガンバの冒険もそうだけど、子供向けなのに船転覆させて放置って何なのw

三幹部のところのアクションはヒロ君強すぎで楽しいな
ジャッキーチェンとかの香港映画みたい 適度にコミカルでよく動くっていう

ってか、この回はゲストのおっさんのキャラがまさに香港映画的というか
オネエ言葉でうざい でも面白いw こういう話し方する人いるいる

最後は工場地帯でライたん達が戦ってたが珍しく変身バンクカットだったな
ってか、仲間二人しか来ねえって・・・全員来いよ!

原発大爆発は防げたが、周りの石油プラントみたいなのは爆発しまくりだったな
あれ、結局大惨事なんじゃ・・・原発も影響で放射能漏洩してそうだよなw

45話はまた伝奇ホラーっぽいというか少年探偵団みたいなノリ
定期的にこういう話あるよな 科学者の家がなぜか城だったりw

この回はヒロ君達がキャンプに行って騒動に巻き込まれてって流れだったが
このキャンプについていけそうにないからライたん達は置いてきた、で、
登場遅かったな 終盤までほぼヒロとサムのターン

サムがやけにチキン野郎になってたが・・・そういうキャラだっけw
それに肝心のテクトニウムがエネルギーなのかテクノロジーなのかちょっと謎

ってか、この回、話のまとめ方がようわからんw
巫女の婆が祈ったら突然テクトニウムの波動?が出現して
ライたんが石投げたら敵が自滅してた・・・サヨッカーはどうなった

決まり手が投石ってのがなあ しょぼいよね
ちゃんと必殺技で倒してほしいな テクトニウム無理して暴走させなくていいよw

ただ、あのへんのエフェクト作画はよかったな 雷落ちるところとか
敵の巨大メカが崩壊していくところとか 今のアニメにはない丁寧さだ

46話は44話と同様に船スタートでゲストが変なおっさんだ
ヒッピー風の服なのはわかるがなぜピンクなのかw カチューシャまでピンク

そのピンクのおっさんは狼少年のなれのはてってキャラだったが
44話のおっさんといい、どうしてこうリアルにうざいおっさん出すのw
こういう人、実際にいるから! ツイッターとかでプロフ盛ってる人とかさあ

っていうか、最後まで見ても、この人別に登場させる意味なかったw
この人関連はハニトラのメカ子がマンナッカーじゃなかったところだけが見所

普通に異常があった海域調査しに行く、ウヨッカーのメカ見つける、で
ストーリーの進行は問題ないしな ってか、敵メカ発見早すぎワロタ

バトルは黄金戦士にはつらそうな熱責めだったな 金の融点低いぃ・・・
仲間が助けに来たら、なぜか気合で熱に勝ったみたいな描写だったが

オチはコミカルにしようとしてて、キャラも空気も滑ってたなw
まあ、たまにはこういう残念ゲスト回もあるってことで・・・



黄金戦士ゴールドライタン ブルーレイBOX<8枚組> [Blu-ray]

黄金戦士ゴールドライタン ブルーレイBOX<8枚組> [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

タイムボカンシリーズ ヤッターマン 100話 101話 102話の感想・動画 [配信アニメ感想 昭和作品]



続きはこちらから
http://ch.nicovideo.jp/yatter


ついにこのアニメも百回か 全108話だからあと二週で終わるのか
三月はただでさえ終わるアニメ多いのにな 春は出会いと別れの季節かw

ってか、100話はせっかくの百回記念なのに
先週更新分でフライングしたからなんもなかったな

冒頭の謎歌と実写演出もいつも通り 毎回実写笑う ゆうこって誰だよw
ドロンジョ様の着物ストリップっぽいところあって色っぽかったな

ガンちゃんがアイちゃんをお姫様抱っこしていちゃつくとか
ボヤッキーのくしゃみでドロンジョ様の服が少しずつ散るとかもあったな

久しぶりに変身バンクあったしな なんという感動
作画かなりアレなんだが 終盤にさしかかるにつれ作画悪い回増えるなw

この回はヘンゼルとグレーテルが元ネタだったが作画悪いから妹かわいくない
話もただの家族の喧嘩でわりとどうでもいい・・・これはいつも通りだがw

後半のメカバトルのところで、ドロンジョ様がヌードモデルになってたな
バスタオル取るところ普通にわくわくしてしまった 水着だったがw ちっ!

あそこの彫刻対決とか描写は楽しかったし、サービス多かったんだが
いかんせん作画が悪すぎで台無しだな 残念である

101話は作画まともだったな 冒頭の詐欺は催眠商法そのもの リアルw
ドクロベエ様の指令のところでボヤッキーが劇画っぽい作画になっててワロタ
他にもヒゲが動いてものをつかんだりとか、作画の遊びがあったな

ガンちゃんがケン玉で釣ったドロンジョ様にほっぺにチューされて
謎のイケメン作画になるところもあった サービスなのか?

ってか、この回はアレキサンダー大王もどきの話なんだが
そっちよりも戦闘前の漫才のほうが長かったようなw

50年後のみんなの姿(イメージ)とか出てきたよ 
よぼよぼのドロンジョ様と太ったアイちゃん・・・ヒロイン台無しw

しかもそのイメージ長いし! ナレーションまで老けてるしワロタ
最後はそのイメージだけでドロンボー一味倒して終わったw
やけに自由な話だったな もう終わるからか

102話は前回に比べるとまともな話・・・当然かw
ワシントンもどきさんの独立戦争のお話

しかし、最初はびっくりするほどBGMがあってないw なぜこんなに軽いの
ってか、いつもと違ってゲストのヤシンントンさんの成長が描かれてるだと!?

なんかそこそこ話作りこんであるんだよな、この回
前回好き放題やった反動か ヤッターゾウ使ったダイナミック援軍ワロタけど
ヤッター横綱にメカの素投げた時の「説明の暇がない」も不意打ちw

ただ、どっちかというと普通回だったな お色気シーンとか特になかった
ゲストも男ばっかりだったしなー



ヤッターマンWii ビックリドッキリマシンで猛レースだコロン

ヤッターマンWii ビックリドッキリマシンで猛レースだコロン

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: Video Game


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の5件 | 次の5件 配信アニメ感想 昭和作品 ブログトップ